コーダー城とシティ・サイトシーイングその2

<< コーダー城とシティ・サイトシーイングその1へ戻る

ホワイトガーデン

コーダー城庭園1  レンガの壁一枚隔てた向こう側には、花が咲き乱れていて、誇張ではなく、はあ、世界にこんなきれいなこところがあるんや、と思いました。

 イングリッシュ・ガーデンという言葉は知っていましたが、正直、それまでまったく興味がありませんでした。

 

 ことさら衝撃だったのは、ホワイト・ガーデンでした。イングリッシュ・ガーデンは一般にかなり細かく区切られており、コーナーごとに趣が変えてあります。

コーダー城庭園2 ホワイト・ガーデンとは、白い花ばかりを集めたコーナーのことですが、イングリッシュ・ガーデンに興味のなかった私ですから、ホワイト・ガーデンという言葉すら知りませんでした。

  このコーダー城のホワイト・ガーデンの入り口は、両脇に木が迫った細い通路の先にあり、入り口まで視界が極端に狭くしてありました。

 そして入り口にたどり着き、視界がぱっと開けたと思ったら、真っ白な庭でした。今も忘れられない、小憎らしい演出です。

ホワイト・ガーデン 庭は大きく三つのエリアにわかれています。

 フラワー・ガーデン、ワイルド・ガーデン、ウォールド・ガーデンです。3写真はどれもフラワー・ガーデンの写真です。

 

 

 

 

 

 

ウォールド・ガーデン&ワイルド・ガーデン

コーダー城正面

コーダー城正面

ウォールド・ガーデンには迷路があります。残念ながらメンテナンス中で、迷路に入ることはできませんでした。写真左はウォールド・ガーデンからお城を望む風景です。

ワイルド・ガーデンは自然がそのままに残されていて、散策道がつけられています。写真右はワイルド・ガーデンからフラワー・ガーデンに続く小道です。

サイトシーイング

コーダー城正面 サイトシーイング・バスのルートには、ジョージ砦や、カローデン古戦場も含まれています。

 行ってみたいと思っていたのですが、コーダー城の庭園で時間をとりすぎて、結局、バスの中から眺めるだけになりました。

・シティ・サイトシーイング(citysightseeing) (英語)
 運行期間:2007年は終了とのことで具体的な日付はHPに記載なし。2003年は5/24〜9/28でした。
料金:7ポンド(2007年)

  また、現在はコースの名前も変わっているようです。2003年に私が参加したコーダー城を含むルートは、カローデン・ループ(Culloden Loop)というコースに当たるようです。写真はシティ・サイトシーイングのパンフレット。赤い二階建てのバスです

コーダー城(Cawdor Castle) 公式HP  (英語)
開館時間: 5/1〜10/14 (2007年)
入館料:7.30ポンド (2007年)

キャッスル・スチュワート

コーダー城正面 シティ・サイトシーイングの途中に入手した、忘れられない番外編情報があります。

  コーダー城からインバネスに戻る途中、インバネス空港の近くで、キャッスル・スチュワート(Castle Stuart)というお城を通りかかりました。

  17世紀に建てられたお城なのですが、ガイドの方いわく、幽霊が出ることで有名なのだそうです。しかもホテルになっていて、宿泊できるそうで、怖いもの見たさの観光客に大人気とのことです。勇気(とお金)がある方、ぜひどうぞ。

キャッスル・スチュワート公式HP  (英語)

ネス湖とアーカート城1>>

スポンサードリンク